不動産土地の購入について

不動産土地の購入について

不動産賃貸の大家業を管理会社に任せる方法

不動産賃貸物件の大家業は結構大変なことで知られています。例えば親が大家業をしておりそれを相続した子がサラリーマンだった場合など、いつ起こるかわからない設備の故障や深夜の不具合などに対応しきれないというのが実情です。その場合は不動産会社の管理部門や、不動産管理を主にやっている不動産会社にお任せするのが良い方法です。その場合その会社と管理委託契約を結ぶことになります。

管理をお任せする場合委託できるものとして、家賃の集金業務や設備故障や不具合の対応窓口委託、リフォームの手配などの修繕業務などがあります。管理会社によっては、故障不具合などの窓口が24時間対応になっていることもありますので大変安心です。また、税理士や司法書士、弁護士なども紹介してくれますので税金関係、確定申告なども相談や委託をすることができます。

不動産会社へ管理を委託する場合には賃料の数%という管理料を支払う必要があります。高いと感じる人も多いと思いますが、ほとんどすべての事を代行してくれたり管理してくれますので大変便利と言えます。一番大変なのは家賃の滞納の督促業務です。滞納している人に催促するのは心が痛む作業です。それを全てやってくれるのは価値があると言えます。

関連情報

  • ひとり暮らしLab レオパレス21|大学生の一人暮らしを応援!もっと楽しく!おもしろく!(http://www.azumien.jp/)