不動産土地の購入について

不動産土地の購入について

不動産会社の大小について

不動産会社の中にも、大手と中小の別はあります。不動産売買を考えている個人が、不動産会社に仲介を依頼する場合、大手と中小の違いはどこまで売買に影響を及ぼすでしょうか。結論を言えば、それほど大きな違いはありません。現在では、物件情報のネットワークシステムがとても進んでいるからです。

ひとつの不動産会社に仲介を依頼したとき、その会社がレインズと呼ばれる物件情報ネットワークに物件情報を登録すれば、それだけで全国に情報を展開したことになります。しかしレインズに登録するかどうかは、媒介契約の形態によっても違ってきます。一般媒介契約であると、レインズに登録する必要はありません。しかし一般媒介の場合は、複数の不動産会社と同時に媒介契約を結ぶことができるので、そのあたりは問題ないと言えるでしょう。

とはいえ不動産会社にそれぞれ得手不得手というものはあります。ですから、その不動産会社が何を得意としているのか、を知っておくことは重要です。営業に定評があるのか、広告を得意としているのかをあらかじめ知っておきましょう。またどのエリアに強みを持っているのかということも重要です。大手はたくさんの情報を持っていますが、ある特定のエリアにおいては、地元の中小業者のほうが有利な場合もあります。ですから、複数の不動産業者を見ておくというのがいちばん良い方法でしょう。

関連情報