不動産土地の購入について

不動産土地の購入について

競売で不動産を買うことは

不動産を安く買う方法として競売というものがあります。中古マンションや中古一戸建住宅、中古ビルなどを手に入れる方法といえば、不動産会社などの仲介というのがイメージとして最初に沸くものです。しかし、それは、相場通りに買う、ということになります。それはそれでよいのですが、市場価格より低い価格で手に入る方法もあります。それが競売です。安く購入できることから、一部で注目されているのです。

競売物件では居住用の不動産だけではなく、店舗や事務所はもちろん、オフィスビルやマンション、アパート丸ごと1棟などを買うことができるのです。しかも相場よりもかなり安いのです。一般の住宅情報サイトではなかなか目にできない物件に出合えるというメリットがあるのです。但し、下見ができないとか何か問題があっても自力で解決しないといけない、ということもあります。不動産取引の基本である瑕疵責任というものが基本的に追及できないのです。すべて自己責任なのです。ですから、リスクはありますが、それでも安く買うことができるので、多くの人が注目しているのです。それだけの価値がある購入方法であるといえます。もし、興味があったら参加して見ることです。