不動産土地の購入について

不動産土地の購入について

不動産の譲渡と税金について

不動産を譲渡した場合の譲渡取得は、短期と長期に区分され、申告分離課税になります。その他特例控除もあります。譲渡所得の金額は、譲渡することにより得た収入から取得費と譲渡費用を差し引いたものになります。取得費とは、資産の取得により要した金額と設備費および改良費等の合計金額となります。具体的には、購入代金、仲介手数料、測量費、登録免許税、不動産取得税、印紙代などが該当します。取得費が不明の場合には譲渡収入金額の5パーセントトを概算取得費とすることが可能です。取得費が明確な場合でも、概算取得費の方が有利であれば概算取得費を適用できます。

譲渡費用とは、資産を譲渡するために直接要した費用の合計額のことで、仲介手数料、印紙代、建物の取壊し費用、抵当権抹消費用などの項目が該当します。譲渡期間の区分についてですが、所有期間により短期譲渡所得と長期譲渡所得に区分されます。短期譲渡機関に区分されるのは、譲渡した年の1月1日における所有期間が5年以下の土地、建物の譲渡による所得です。長期譲渡所得とは、譲渡した年の1月1日における所有期間が5年超の土地、建物等の譲渡による所得のことです。税率は、短期譲渡所得が39パーセント、長期譲渡所得が20パーセントになります。