不動産土地の購入について

不動産土地の購入について

不動産購入の住宅ローン審査

不動産の住宅ローンの審査はどのようなものなのでしょうか。住宅ローンには事前審査と本審査がありますのでまずは銀行の事前審査を受けます。通らないと本審査に勧めませんし住宅ローンを組むことができないからです。ローンの事前審査のタイミングは気に入った物件があり次第行うことが多いようです。もちろん決まってなくてもいくら位借りられるかという審査になりますので事前に受けることも可能です。勤続年数や役職、年収など個人情報になりますので不動産会社を通さず自分で金融機関に出向く人もいるそうです。

事前審査には書類が必要になります。源泉徴収票や身分証明書、印鑑などが必要なので準備しておくとスムーズです。事前審査に通って、気に入った物件の契約の前に本審査をします。審査の日数は人によって多少の違いはありますが1〜2週間の期間かかります。物件の購入申し込みをし契約をした後にローンの本審査が通らなかったという場合があります。その際には手付金を返金し契約を白紙に戻す特約を契約時に入れるケースがほとんどです。ローンを組めなければ物件を購入することができないからです。

住宅ローンは各銀行によって金利や期間などが違ってきます。不動産会社の提携ローンを組む方が手間は省けますが、自分自身で銀行に直接出向きローンを組むことももちろんできますので不動産購入を決意したらその時に銀行関係の検討をすぐ始めることが良いでしょう。