不動産土地の購入について

不動産土地の購入について

不動産投資信託(JREIT)の基礎知識

不動産投資信託というものがあります。多くの投資家から集めた資金で商業ビルやマンションなどの不動産を購入し、賃貸事業を行い、その利益を投資家に分配する仕組みです。東京証券取引所に上場されているJ-REITであれば市場が開いている間、株のように売買が可能です。指値や成行きで注文ができます。購入単位は一口ですが数万円から購入できる銘柄もあります。高い物は数十万円以上するものもあります。

金融緩和、地価の上昇転換、景気回復などの追い風を受けてこのJ-REITの価格が上昇しています。長期金利の上下など関連する指標の変動によって一本調子にあがるというわけではありませんが、政権交代後、一貫して価格は上昇傾向が続いています。

この不動産投資信託を購入すると、ほとんどの銘柄は半年に一度、分配金が支払われます。3%〜4%程度の利回りにはなります。人気がでて価格が上昇すると利回りは当然さがることになります。また、分配金の原資は不動産賃貸事業から得る利益ですので通常の事業会社の配当金と比べると安定して高利回りが一般的には得られます。年金受給の偶数月とずらして奇数月が分配金支払月である銘柄を組み合わせると毎月収入が得られ、老後収入の足しにできます。