不動産土地の購入について

不動産土地の購入について

不動産登記のあらましについて

不動産登記とは、登記所に備え付けられている帳簿で不動産の状況、不動産に関する権利関係を公示しています。登記簿は、コンピュータ化され磁気ディスクに記録されて保存されています。不動産登記簿は、1筆の土地または1個の建物ごとに備えられていて、所在や地積、床面積などの表示に関する登記をする表題部と、所有権や抵当権などの権利関する登記をする権利部に区分して登録されています。権利部はさらに甲区と乙区に区分されます。

表題部に関する登記を表示に関する登記といい、所有者に登記義務があります。地番家置番号は市町村が定める住居表示とは必ずしも一致していません。マンションの専有部分の床面積は、登記上は内法面積(壁の内側から測った面積)で表示されています。一方、マンションのパンフレットなどでは壁芯面積(壁の厚さの中心線から測った面積)で表示されているため、両者の面積は異なります。

不動産登記の効力についてですが、不動産は登記を行うことにより、所有権の変動などの物権変動を第三者に対抗(主張)することが可能です。このことを抗力といい、原則、先に登記をした方が優先して権利を取得します。ただし仮登記には対抗力が無く、順位保全の効力しかありません。

関連情報