不動産土地の購入について

不動産土地の購入について

不動産購入などにかかる税金

不動産を購入する場合、税金も考慮しなければいけません。税金がいくらかかるか事前に検討しておくことも大切です。まず、契約書に貼る印紙から購入物件の建物から仲介業者の手数料にも消費税がかかります。頭金と別に購入する物件の価格の5%から10%程度は準備しておく必要があります。税金には、多くの控除や軽減措置があります、検討して節税をするようにしましょう。税理士などの専門家に相談することも必要です。マンションを購入した場合に掛かる具体的な税金の内容は不動産所得税と消費税、事業所税、登録免許税、印紙税、買い替えの場合は譲渡所得税が掛かる場合があります。

不動産んを保有している場合には、固定資産税と都市計画税があります。取得資金の贈与を受けた場合には贈与税がかかり基礎控除額の110万円を超える場合に課税されます。婚姻期間が20年以上の配偶者に対する住宅取得資金又は居住用の住宅の贈与は2000万円の配偶者控除があります。住宅購入で親などからの資金援助では、550万円までは贈与税はかからない特例があります。税金が戻るケースもあります。住宅ローン減税ですが、税額控除ですので大きなメリットがあり、このような特例を活用して節税対策することも大切です。

関連情報