不動産土地の購入について

不動産土地の購入について

不動産の固定資産税について

不動産を所有すると、当然のことながら、税金がかかります。購入、所有、売却と、その都度税金がかかってきます。固定資産税は、その中でも所有に関わる税金です。固定資産税については、特にさまざまな誤解に満ちている税金でもあります。よく確認して、損をしないようにしておかなければなりません。

固定資産税については、その時期について知っておくと、新しく建物を購入所有しようとしている人にとってはお得かもしれません。固定資産税は、1月1日がその判断の基準になります。つまり1月1日に不動産を所有していると、固定資産税の徴収対象となるのです。ですから、不動産の購入を1月2日にすると、その一年は固定資産税がかからないようになるのです。また、その税率についても誤解があります。不動産の購入額が税率の税額計算の基準となると勘違いしている人が多いのですが、購入額ではなく、三年ごとに改定される不動産の評価額によって決定されるのです。

不動産の評価額と購入額というのは必ずしも同じではありません。不動産の価値は、それが特に建物であった場合は、基本的には年ごとに下がってくるものです。評価額が下がれば税率も減額ということになるのです。

関連情報