不動産土地の購入について

不動産土地の購入について

不動産を住み替えで販売する場合は売却の契約方法も大切

一戸建てやマンションなど持ち家を売り、新しい住居を買って引越しをする場合、大事なポイントがその不動産の売りと買いのどちらを先に行うかです。持ち家を売るタイミングと新居を買うタイミングが同時でありましたら問題はありませんが、仲介での販売の場合、そうでないケースも当然考えられます。安全面から言いますと、持ち家を先に売ることが望ましくあります。そう致しますと自分の希望金額に近い金額で売れるまで、じっくりと構えていられます。しかし購入希望の新居に既に何組かの購入希望者が居た場合、購入を先にせざるを得ない場合もあるかも知れません。

この場合ですと、支払い期日までに持ち家を売る必要が出てきますので、希望金額で売れるまで粘ることが難しくなります。ここで仲介販売をする場合、その契約方法も考慮する必要があります。一般的な契約を行えば、その他の不動産業者とも仲介販売の契約が結べます。一方、専任や専属と言った形態の契約ですと、他の不動産業者と仲介契約が結べなくなります。前者の契約では不動産業者もあまり積極的にアプローチしてくれない可能性もありますが、広く募集を掛けることができます。そして後者の契約では単独契約ながら、より積極的に販売をサポートしてくれますので、契約方法の選択がとても大切です。

関連情報