不動産土地の購入について

不動産土地の購入について

居住用不動産買い替えの特例について

居住用の不動産を買い替える際には、税金控除の特例を受けることができるためご紹介させていただきます。譲渡した居住用財産の所有期間が、譲渡した年の1月1日において10年を超えて居住期間が10年以上である場合、新たに居住用財産を買い換えたときには、譲渡益に対する課税を将来に繰り延べることができます。この特例は、3000万円の特別控除や軽減税率の特例として重複して適用をうけることはできません。

例を挙げて説明させていただきますと、例えば取得費2000万円のマイホームに10年以上住んだ後、7000万円で売却し8000万円のマイホームに買い換えた場合、通常、譲渡益5000万円が課税対象なります。しかし、この適用を受けることにより、譲渡した年には課税されず、買い換えたマイホームを将来譲渡したときまで譲渡益に対する課税が繰り延べられます。

適用されるにも条件があります。条件は、配偶者、直系血族、生計を一にする親族への譲渡では無い事、自分が居住している家屋を譲渡するか、家屋とともにその敷地を譲渡すること、譲渡した年の前年、前々年に3000万円の特別控除、軽減税率の適用を鵜受けていないことなどが挙げられます。

関連情報