不動産土地の購入について

不動産土地の購入について

所有の不動産の価値を見極める

不動産会社に物件の売買の仲介を頼むには、媒介契約というものを締結しなければなりませんが、どういう契約形態を選べばよいものか、あるいは迷ってしまうかもしれません。というのも、媒介契約には三種類がありますから、自分の物件をより効率よく売り出すためにはどの形態を選択すべきか迷うのも無理はないのです。まずは売り出そうとしている物件がどのような性質を持つものなのかをしっかり把握することが大事です。

媒介契約の中でも、一般媒介を選択するならば、おそらくそれは物件の価値にかなり自信がなければならないでしょう。というのも、媒介契約は一社ではなく複数の不動産会社と契約を結びますから、その分不動産会社との関係や希薄になりがちです。不動産会社の方でも、あまり熱心に宣伝費をかけたり、営業をがんがんやったりしてくれないことが多くなります。しかし物件の人気や価値が高ければ、おそらく問題はありません。複数の不動産会社と契約しているということは、それだけたくさん物件の周知ができているということですから。とにかく人の目に触れる機会を増やせれば、人気の物件はすぐに売れるでしょう。これに対して、物件の価値にあまり自信がないときは、専任媒介を選択すべきです。一社とだけ媒介契約を結びますから、不動産会社の方でも力を入れて宣伝や営業をしてくれるのです。自分の物件の価値を考えながら、媒介契約はその形態を選択するべきなのです。

関連情報