不動産土地の購入について

不動産土地の購入について

不動産会社と媒介契約を結ぶ時には

不動産会社には媒介契約というものがあります。物件を売りに出す際、不動産屋会社のその手続きを手伝ってもらうわけですが、この手伝いのことを媒介と言い、媒介するにあたって売主と不動産会社との間に交わされる契約のことを媒介契約というのです。

ところでこの媒介契約ですが、狭義には三つの契約形態があります。すなわち、一般媒介、専任媒介、専属専任媒介の三形態です。この中で、売主が特に注目すべきは、一般媒介と専任媒介でしょう。専属専任媒介は、どちらかと言えば不動産会社にとって優位な契約形態であり、もし住宅の売買を考えているなら、前者二つに的を絞るべきです。

媒介契約というのは何も一社の不動産会社とだけしか結べないわけではありません。複数の会社と契約できるのです。これが一般媒介の特徴であり、たくさんの不動産会社と契約を結ぶことにより、物件をよりたくさんの不動産会社に紹介してもらうことができるのです。これに対して専任媒介は、一社としか媒介契約を結ぶことはできません。しかしその分、不動産会社の方でも力を入れて物件を売り出してくれるのです。この二つと専属専任媒介の違いは、自分で買い手を探すことができるかどうかです。前の二つはそれが可能ですが、専属専任媒介では、もし自分で買主を見つけたとしても、不動産会社に仲介手数料を支払わなければならないのです。こうしたことに留意しながら、媒介契約の形態を選択すべきでしょう。