不動産土地の購入について

不動産土地の購入について

心から安らげる場所が欲しくて不動産を購入

住まいには屋根さえあれば良い、雨風さえ防げれば充分、などという人もいますが、私にとっての住まいは癒しの場所、唯一の寛げる場所であってほしいと思っています。よくインドア派、アウトドア派、などという言い方をしますが、私はまさにインドア派です。外に出ると疲れますし、ストレスの発散にもなりません。それくらいなら家でまったりと過ごしたいと思います。テレビを見たり、雑誌を読んだり、ゴロゴロ寝転んだり、好きなことをしているだけで嫌なことも忘れられます。また明日から頑張ろうという気持ちになれます。賃貸でも寛げないわけではないのですが、やはり借り物という意識が働いてしまうので、一番寛げる場所を手に入れるため、不動産の購入を決意しました。

不動産を持つことのデメリットは理解した上で購入したつもりです。身動きが取れなくなる、修繕費用などがかかる、庭掃除などが大変、などなど充分に理解していました。庭の手入れは想像していた以上に大変で、仕方がないので庭師に定期的に来てもらうことにしました。それだけ余分なお金がかかることになります。それでも私は不動産を買って良かったと思っています。賃貸暮らしの時には決して得られなかった安心感があります。