不動産土地の購入について

不動産土地の購入について

不動産の保有と税金について

不動産の保有と税金について記事を作成させていただきます。ご参考までに宜しくお願い致します。不動産にかかる税金としては固定資産税があります。固定資産税は、毎年1月1日現在において固定資産課税台帳に土地、家屋の所有者に対して市町村が課税します。固定資産税の額は、課税標準(固定資産税評価額)×税率で求めることができます。

住宅用地には課税標準の特例があります。小規模住宅用地の200平方メートル以下の部分については課税標準が6分の1になります。一般住宅地においては、200平方メートルを超える部分では、課税標準が通常の3分の1になります。税率についてですが、標準税率は1.4パーセントになります。しかし、市町村が条例で定めることができるため、全国一律ということではありません。新築住宅には税額軽減の特例があります。一定の要件を満たす新築住宅は、3年度分(3階建て以上の中高層耐火住宅は5年分)について、120平方メートルまでの床面積に対する税額が2分の1軽減されます。

他には都市計画税と呼ばれる税金があります。都市計画税は、都市計画区域のうち、原則として市街化区域内に所在する土地・家屋の所有者に対して市町村が課税します。